プロが教える親子就活成功のコツ

就活解禁後ろ倒しの影響 その1


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

木々の葉の色付きとともに一段と寒さが厳しくなってきました。秋から冬への移行の時期ですね。
寒さに負けず風などひかないように頑張っていきましょう。

今回は、2016年3月卒業予定の学生さんへの就職活動解禁後ろ倒しの影響について考えてみます。大きく分けて、3つのことが考えられます。

1.短期決戦
2.インターンシップの変化
3.水面下での活動

1.短期決戦
従来、就職を希望する学生向けの会社説明会は大学3年生の12月1日から開始されました。
その後、4年生の4月1日から選考が開始されゴールデンウイークの前後から内々定が出されて、10月1日から正式内定というのが一つの流れでした。今年まではそうでした。

それが、2016年4月入社予定の学生(現在の大学3年生)から、2016年3月1日から会社説明会の解禁、8月1日から選考の開始、10月1日から正式内定という後ろ倒しの日程に変更になりました。

日程後ろ倒しの趣旨は、学生が学業に専念する期間を長くするということです。就活に多くの時間を振り回されることなく、学生の本分である学業に専念してもらうことにあります。

ところが、就職活動期間の早期化、長期化を避ける一方で、企業も学生も短期間で一気に決めなければならず競争が従来以上に激化することが予想されています。

まず、一番大きな影響は、短期決戦になるということです。8月から約2ヶ月の短期決戦です。
今までは、4月の選考開始からすぐに内々定が取れなくても、その後頑張れば10月の正式内定時までには、あるいは、その後卒業するまでにどうにかなるという時間的な希望が持てました。

しかし、この後ろ倒しの日程ですと、8月からの短期決戦で望む結果が出ない場合、残りの限られた期間でさらに集中して頑張らなければなくなります。限られた時間内での厳しい競争になることが予想されます。

ところで、注意しなければならないのは、このルールは政府からの要請を受けて日本経済団体連合会(経団連)が決めたルールであるということです。経団連とは、日本の代表的な企業1,309社、製造業やサービス業等の主要な業種別全国団体112団体、地方別経済団体47団体などから構成され、日本の経済界をリードしている経済団体です(2014年7月1日現在)。

経団連に所属し、所属しなくともその指針従う多くの企業はこの後ろ倒しの日程で動く予定です。他方、外資系の企業やその他ベンチャー企業などは経団連の指針に束縛されないため、これまでどおりそれぞれの日程で選考が進むということには注意が必要です。

実際、もう動いている企業があります。混乱してはいけないのは、経団連のルールに従わない会社があるからといって、あくまで一部の企業であるということです。慌ててはいけません。それらの企業で働きたいのかどうかによります。

やはり大事なのは、学生さんご本人が「自分はどうしたいのか」ということです。冷静な対応が必要です。

経団連ルールに従う企業に入りたいのか、そうではないのか。
早期から勧誘があり、内定を出す企業に惑わされたり、流されたりするのではなく、自分の希望をしっかり確認するということです。慌てず、焦らずしっかり絞り込んで準備をするということです。

2.インターンシップの変化
インターンシップも日程の後ろ倒しにともない、夏休み中に行う企業ばかりでなく、秋から冬にかけての期間で拡充、時期を変更して行う企業が多数出てきています。このインターンシップの時期の新設、ずれ込み、活用の変化が2つ目の影響です。

インターンシップとは、学生が在学中に自らの専攻や将来のキャリアに関連した仕事を体験するため、一定期間、企業や関連団体で就業する制度のことです。学業への支障が少ない形で学生の休暇期間中である夏休みや冬休み中に実施するところもあります。

青田買いにつながる恐れなどから経団連の「採用選考に関する企業の倫理憲章」では、インターンシップは「採用選考活動と一切関係ないことを明確にして」実施することとされています。
言い換えれば、インターンシップ=即内定とはならないということです。

インターンシップを採用とは直結させない趣旨とはいえ、企業は学生と早い時期から繋がりを持っていたいのが本音です。企業側に学生との接点を増やすことへの模索が続いています。

早い時期に会社や仕事の内容を知ってもらい関心を高めてもらわないと、企業の認知度が低いまま学生の就活が進んでしまい、適切な人材が確保できにくくなるのではないかという懸念があるからです。

また、選考まで時間がある時期に、例えば、夏休み中に実施すると夏休みの後、3月の会社説明会、8月の選考開始まで長期の空白期間が生じてしまいます。

その間、当該企業への関心が薄れ、他の企業からのアプローチが続くことが考えられます。関心を持ち続けてもらい、空白期間をあまり開けずに学生との接点を増やし、保ち続けようとすることで先ほどの経団連ルールに縛られない企業との競争にも対抗する趣旨も含むように思われます。

先ほどの、経団連のルールに従う必要のない独自の選考を行う企業では、インターンシップが採用に直結しているところもあります。

表向き、採用に直結させないようにしているところでも、事実上何らかの形で採用選考に影響を与えていることは否定ができないと思われます。

特別優遇されることはないでしょうが、他方、インターンシップを経験した人を意図的に選考から外し、一人も選ばないなどということもまずありません。

いずれにせよ、可能であればよく調べてインターンシップは経験しておいたほうがよいでしょう。自分が希望しても人気企業の場合、応募者も大多数にのぼり、必ずしも実現できるとは限りません。そのことも踏まえて早めによく調べてください。

仮に、インターンシップが経験できなかったとしても、経団連ルールに従う企業間では採用に直結させない建前ですから不公平感を感じることなく堂々と臨んでほしいと思います。

日程が変わっても惑わされずに落ち着いて地道にできることをやっていくだけです。
3.水面下での活動 については次回で触れます。

不安のある方は私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の力を是非活用してください。このような劇的な状況の変化にも柔軟に対応できお力になれます。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。




コメント(0) | トラックバック(0)

就職活動の費用


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

紅葉の季節ですね。徐々に気温が下がってきました。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが気候の変化に柔軟に対応して元気に過ごしたいですね。

今回は親御さんからのご質問にお答えします。

今年大学に入学されたお子さんをお持ちの親御さんから「就活に必要なものはどんなものがあって、費用はどのくらいかかるのでしょうか?」というご質問をいただきました。

必要といっても抽象的ですので主なものを物心両面から少し簡潔に整理します。

まず、基本的な資源として、時間、お金、パソコン(スマートフォン)及びそのスキル、周囲(家族)の理解、資質として、自信と謙虚さを持ち合わせた人間力、精神的タフさ、コミュニケーション能力などがあげられます。

次に、具体的な対策の内容としては、業界研究、企業研究などの情報収集、自己分析、エントリーシート対策、面接対策、筆記試験対策などの各種対策。インターンシップなどへの参加。

費用面では、各種対策講座、セミナー等への参加費用、書籍・新聞代、コピー代、写真撮影代等。そして、会社説明会への参加に伴う、移動の交通費、喫茶店代、洋服代、情報通信費などがあげられます。

それでは、実際いくら位かかっているか皆さんはご存知でしょうか?

人材サービス会社ディスコのインターネットによる学生へのアンケート(2014.10.1~7 対象学生1,177人)によると、2015年3月卒業予定の学生の就職活動費用の平均は15万1,326円だったそうです。

主な費用としては、一番かかる費用が交通費で平均69,706円、次に多いのがリクルートスーツ代で平均41,674円となっています。

本年度は、インターネット上で会社説明会への参加ができる企業が多くなったことや、企業による交通費の補助などにより、前年の総額の平均より5,687円下がったそうです。

あくまで平均であり人それぞれですが、それでも約15万円程度はかかっているということです。

首都圏に住んでいて都心の企業にアクセセしやすいか、地方から上京してきて就職活動を行うかなど活動内容によっても違いますが学生にとってはかなりの負担です。

アルバイト等により自分で賄える学生さんもいるとは思います。賛否両論あるとは思いますが、就職活動中にかかる本当に必要な費用は親御さんが支援してあげてもいいと私は考えます。

経済的に安心して活動が出来ると集中できます。

もっとも、前提として、親子でよく話し合いどのような目的にいくら位使うのかを確認しておくことが必要です。経済面での支援は親ができる大きな役割の一つになります。

この際、細かい費目については信じて任せ、あまり厳密な報告を求めないことも意外に大事です。
あまり細かいことまで口を挟まないことです。

言われたからやるのではなく自分で考えて自分の責任で行動することが肝要です。
親子で力合わせて頑張ると言っても、本人が主体的に動けなければどうにもなりません。

親の態度としての基本は、子供を信じて見守ること。必要なことがあれば必要な範囲で手を差し伸べる。そして、精神的に支えとなってあげることが何よりのサポートです。

就職活動対策に関するノウハウは用意できています。疑問があれば遠慮なく私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」までお問い合わせください。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。




コメント(0) | トラックバック(0)

対話


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

今年は本当に自然災害の多い年ですね。台風や噴火、地震等、自然の猛威の前に人間の無力さを突きつけられるのは悲しいことですが、今こうして生かされているありがたさを大事にしたいですね。

自分にコントロールできることとコントロールできないことがあります。
繰り返し申し上げていることですが、自分にコントロール出来ることに集中することだと思います。

先日、今年採用面接を担当したある企業の人事部の人から、今年の採用で気になった点を伺いました。それは「対話」でした。

偏差値の高い、有名大学の出身者であるのに、学校での成績も悪くないのに「対話」のできない学生さんが多くいると。ゼミナールに所属し、教授の指導も受けているはずなのに何故なのか不思議だということでした。

具体的には、学生さんの面接をしていて、1次、2次選考をくぐり抜けた逸材であるはずなのに面接をしてみるとコミュニケーションに違和感があり、どこか印象が違ったということです。

質問に対し的確な答えが返ってこない。用意されたような当たり外れのない優等生の答え、マニュアルで教えられたかのような答えしか帰ってこない。

必ずしも間違ってはいないけれど面接官がその場の質問で求めているものではない。何か違う。

準備段階でこう答えるというマニュアルを覚え込んで答えていないかと?同じような学生が一人二人でなく何人もいると。

決まりきった受け答えを求めているのではなくその人がどういう人なのか、最後は、一緒に仕事をしたい人かどうか人を見ている。

覚えてきたことをマニュアル的に答える人は、自主的に考えて行動ができない人か、与えられたことしかできない人ではないかと思い不合格にしたと。

面接で求められているのは一方的な会話ではなく、「対話」です。言葉のキャッチボールです。

面接官の質問に、その場で聞かれていることに的確に答えること。余計なことは喋らなくていい
代わりに聞かれた事に答える必要があります。

自分をPRする意識が強すぎると、つい、面接官の質問からそれて聞かれていないことを答える結果になりがちです。聞かれていないことを長々としゃべるのは最悪です。

また、事前の準備にとらわれていると用意した答えを出したくなり、聞かれていることとポイントがずれていても用意した答えを出してしまいがちです。

用意した答えが質問の趣旨に合っていれば問題ありませんが、面接する側はよく考えて質問を続けるので多くの学生さんが用意しているようなところは外して聞いてきます。

聞かれた質問に端的に答えること。問いに対してその意味を共有し、対をなす答えを返すのが面接の場での「対話」です。

面接官が、なぜその質問をするのか、必ず意図があるのです。その場で素直に聞いて素直に答える。
いくらシンプルに答えるのが言いからといって機械的な答えでは納得させられるはずがありません。マニュアル的な判で押したような答えは求められていません。

一度で質問の意味が分からなければ聞き返しても構いません。黙ってしまうのはよくありませんが、他方、あいづちを打つだけでは対話になりません。

当たり前の「聞かれていることに的確に答える」といったことができないと筆記試験での成績の良さが生かせないのです。

日頃から意識して取り組んでください。問われているのは何か。一言で言うなら、どう答えるか。
それはなぜか。

結論と理由。要するに言いたいことは何か。その理由はなぜか。具体的に説明するとどういうことか。

そのために、ひとつの方法として文章を書く事をお勧めします。手近なところでは日記を書いてみるのが良いでしょう。自分が感じたこと、言いたいこと、を短くまとめてみるのです。

そして、人と会話をする時に、即答しないで、本当に聞かれていることは何かを意識してから返事をするようにしてみましょう。やるのは今です。日々の積み重ねが力になります。

正しい方法で準備をしていけば怖くありません。面接でどうしたらよいかわからない、知りたいことがある方は遠慮なく私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」までお問い合わせください。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。




コメント(0) | トラックバック(0)

「ブラック企業」の見分け方


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

気候としては暑くも寒くもなく、過ごしやすい落ち着いた季節になってきました。
地道な作業をコツコツ継続できることが成功への道です。頑張るのにはいい時期です。

ご父兄の方から企業の選択について、とくに、いわゆる「ブラック企業」の見分け方についてご質問をいただきましたので少し触れたいと思います。

「ブラック企業」といっても実は様々です。「ブラック企業」のランキングまで発表されていますが、そもそも、「ブラック企業」の定義自体が曖昧です。

広い意味では暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指しますが、一般的に今問題とされているのは、若い労働者を長時間労働などで酷使して退職に追い込むような企業です。

ここでは私が考える「ブラック企業」の要素をあげてみます。新興の企業で複数の要素が当てはまる企業は要注意です。

若年層を低賃金で長時間労働させる。残業が多いにも関わらず残業代が適正に払われない。
休みが取れない。スキルアップ、キャリアアップが期待できない。

ノルマが過重で社員を必要以上に酷使する。継続して働き続けることが難しいように精神的に追い込む。その結果、短期間での離職者が多い。表向きのイメージと仕事の実態が大きく乖離している。等

やはり「ブラック企業」への就職は避けたいものです。せっかく就職しても疲弊して長続きせず、結局退職に追い込まれてしまっては意味がありません。

しかし、会社の善し悪しの判断はそう簡単なことではありません。世間の表面的な風評に惑わされてはいけません。理想と現実のギャップは健全な会社でもあるものです。
会社が公表している勤務条件はどこでも表向き良さそうに見えて、実態が乖離していることが少なくありません。

また逆に、世間の風評上「ブラック企業」として有名になっているような企業であっても、現在も実態が本当にブラックかどうかはわかりません。

過去に問題が起きた企業でも、指摘を受け、問題を契機に改善し、むしろ条件が良くなっている場合がありうるからです。問題がくり返し頻繁に起こっていなければ過去の問題の一事のみで判断はしない方が良いでしょう。

正攻法でお金を稼ぐのに楽な仕事はありません。仕事である以上ある程度厳しい条件であるのも仕方がありません。また、問題が起きたといっても属人的な特殊なケースもあります。

企業の実態を知るのに一番有効なのは、当該会社で実際に働いている正規社員、非正規社員の複数の方に生の声を聞くことです。人脈やツテがあると武器になります。直接的な情報収集が一番です。
かつてその会社で働いていた人の声も参考になるでしょう。

注意しなければならないのは、過去に働いていた人の声を聴く場合、早期に離職した社員の声は、偏りがあり不平、不満が中心になる場合があります。
かならずしも実態を正確に反映していない可能性があることです。冷静に判断することです。

企業風土はそれぞれです。自分に合っているかよく見極める必要があります。いずれにせよ生の社員の声が聞ければとても参考になります。

次に、生の声が聞けない場合はどうするか。

企業のデータを可能な限り調べてみることで把握は可能です。例えば、就職四季報、会社四季報(東洋経済新報社)等で、調べられる会社のデータを調べてみることをお勧めします。

気をつけるべき、着目すべき目安としては、以下のような項目です。

1・企業の募集広告の条件が良い。
例えば、初任給が高額である、労働時間が短い。やたら見栄えが良い。

一見、好条件で良さそうに見えるのですが、人が集まらないので初任給を高く設定して、見せかけの条件を取り繕い、実態を明らかにせず入社後酷使する企業に良く見られます。良い条件には、必ず隠れた理由があります。

2・簡単な選考で採用されやすい。即採用内定を出す。
短期間での離職者が多く、恒常的に人手不足のため、すぐに内定が出ます。面接の時間、回数が短い。裏を返すと従業員の将来のことを良く考えていないのです。従業員を酷使する企業は入口が緩いことが多いものです。

3.入社3年後の離職率が高い。
3年前に入社した社員が3年間で辞めた率です。離職率の数字が概ね3割より高い数字の企業。実は離職率が高いからと言って、そのことだけから直ちに悪い企業とも言えないのですが、早く辞めている人が多いということはそれだけ働きづらいことが推測できます。

4.従業員の平均勤続年数が短い。
居心地の良い会社であれば勤続年数も長くなっていきます。

5、よく変わる。
例えば、飲食系の企業で頻繁に店名を変え、閉店、出店を繰り返している。常に人材募集の広告を出し続けている。従業員が定着せず、経営が不安定。名前を変えてごまかしている等。

以上はあくまで目安ですが、企業選択の際の判断には、人生の経験値が活きて来ます。まさに親御さんの出番の一場面です。肝心なのは、ご子息、ご令嬢に本当に合っているかが大事です。

親の価値観の一方的な押しつけは禁物です。あくまで冷静に、ご子息、ご令嬢の話をよく聞いて、尊重することです。どんなにおかしいと感じても全面的な否定はしないことです。

経験は参考になりますが、反面、経験に縛られて物事を硬直して見がちになりやすいものです。
アドバイスの際は、あくまで一個人の意見として、こういう考え方もあると、押し付けにならないように伝えられるとよいでしょう。

同時に、就活を継続していると情報量が多くなり、錯綜して学生さん自身、人の話が素直に聞けなくなって来ることが珍しくありません。

親の話も素直に聞けない場合が少なくありません。自分の頭で考えて決断するのは大事なことですが、冷静に人の話に耳を傾けてみる大切さも伝えてみましょう。

就活全般について詳しくお知りになりたい場合は、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」までお問い合わせください。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。




コメント(0) | トラックバック(0)

もっと早くからやっておけば良かった


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

ようやく猛暑の夏も終わり涼しくなって落ち着いた秋の季節になってきました。
物事に集中して取り組める時期です。腰を落ち着けて頑張っていきましょう。

先月ある大学で3年生対象に就活対策講座の講義をしてきました。筆記試験対策です。
学生さんはまだ夏休み中にも関わらず1週間にわたる、長時間の講座を真剣に受講してくれました。

まだ大丈夫と思っている学生さんがいる一方で、既に頑張っている学生さんがいます。

まだ時間がある・・・と思っているとそのときはあっという間にきます。

今年は、全般的に企業の採用意欲が昨年、一昨年よりも上向きで良く、既に内定をもらっている学生さんが多数います。実感として、ここ数年の中ではより高い内定率のように肌で感じます。

他方、良いと言われている中でもまだ就活中の学生さんもいます。

どんなところで差がついているのでしょうか?

早くから準備を始めた学生さんは結果を出しています。

講座を実施した大学で、現在も就活中の4年生から聞いた言葉が、タイトルの「もっと早くからやっておけば良かった」という感想なのです。切実な生の声です。

先輩の話を聴いて、大学の就職部の話を聞いて、早くから始めたほうが良いのはわかっていた。
時期が来たら集中してやれば自分は大丈夫だろうと、真剣に取り掛かるのが遅くなってしまった。

なかなか、素直に言われた通りに始められなくて対策が遅くなってしまった。そのまま選考に突入してしまった。気が付いたら内定が貰えずにこの時期になってしまった。

友人は内定をもらっている。もっと早くから始めていれば・・・

就活対策に限らず日常生活の中でも「もっと早くからやっておけば良かった」と後悔することは普通にあると思います。後悔先に立たず。

差し迫って期限が近づいてこないと重い腰を上げられないのが普通の人です。

自分ひとりのチカラでは限界があります。自分は意志が弱いと思えば人の力を借りる。素直に人の助言に従う。

どうしたらモチベーションを高めて早くから始められるか。
一人でこもってひとりきりでやろうとしないことです。

ひとつの方法は講座に申込みをして、受講し、流れに乗っかってしまうことです。強制の契機を作り、利用することです。

既にあるものを上手に活用する。一度始めてしまえば、自然に行動することになります。

早くから始めるほど、準備はやればやるほどうまくいく確率は上がってきます。
他山の石。学んだことを活かす。先輩の経験談を参考に早くから準備を始めましょう。

結果の出せる必要な講座は準備できています。詳しくお知りになりたい場合は、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」までお問い合わせください。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。




コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2018年 4月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ