プロが教える親子就活成功のコツ

キャリアビジョン


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝美千代です。
いよいよ梅雨入りし鬱陶しい日々が続きます。就活中の皆さんは、雨にもマケズ・・・ですね。

先日の学校での授業から。
「今日はこれまでの自己分析の内容を総合して、これからの自分を考えてみましょう。これから社会人になるわけですが来年、再来年はどういう自分になっていたいか、5年後までイメージしてみてください」

生徒B「え~、そんなのわかんないよ」

「わからないのは皆同じで当たり前です。未来は自分で作っていくものだからその下準備として考えてみましょう」

生徒C「仕事関係の計画ということですか?」

「これからどういう会社に就職するかもわからないのに・・と思うでしょうね。今の皆さんにとっては就職することが目標だから、その先のことまでは無理と感じるでしょう。実は『キャリアビジョン』というのは仕事だけではなく、自分の人生の航海図というものです」
「繰り返すけど、自分の人生は他の人と違います。自分の人生は自分でデザインしていきます。就職時に現在の自分をアピールすることは大切だけど、自己紹介の場面でその内容に少し触れると、この会社に入ってどうなりたいのか、何をしたいのか、きちんと見据えている人間だとわかります。そういう人はプラス思考でチャレンジ精神がつよいという印象を与えます」

生徒D「じゃあ、想像でいいんですか?」

「今は想像でいいです。でもどういう方向に行きたいのか見つめてください。社会人としてスタートしたら3年後あるいは5年後というように、自分のキャリアビジョンを見直すといいですね。変更もアリだし、それが人生を『戦略型として生き抜く』ということにつながります」

就職状況は「新卒」も依然厳しいですが「既卒」「転職者」の就職こそ深刻で、年齢とともにますますハードルが高くなっていきます。勝ち抜くためには、どう準備をしてどう動くか?
皆、人生の色も形もそれぞれですが、あなたは「キャリアビジョン」をしっかり持っていますか?



下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

自己をふりかえる


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝美千代です。
私はこの時期特有のアレルギー(イネ系)に悩まされているこの頃ですが、皆さん、元気に活動されていますか?

つい最近のこと、担当している専門学校で生徒にワークシートの指導をしている時の話です。
生徒のAさん:「先生、小・中・高校時代のことなんか思い出せないし、思い出したくない・・・」
私:「そうか、思い出したくないんだ・・どんな人にも生きてれば、嫌なことや辛いことがいろいろあるもの
ね」
生徒のAさん:「まあね。自慢できるようなことしてきてないし、何もないよ」
私:「思い出したくないことを思い出すのは辛いことだから、辛いことはしなくてもいいですよ。
  この作業は自分の為にやるのであって、人に見せるものではないんです。私は講師だから拝見しますよ。
ただ、今の自分は過去も未来も含めてすべてが自分なんだから、否定する必要はないですね。
「すべてひっくるめての自分」を受けとめることは簡単ではないですが、皆も、クラブ活動や趣味、ア
ルバイト先での上司先輩との場面を思い出してみて、頑張ったこと、長くやってきたこと、得意なこと、
ほめられたこと、感謝されたことがあると思います。
どうですか? そういう場面を思い出してみてほしい。
  このワークの目的は、自分の経験を思い出してその中から自分のウリ、強みを探し出すことだからね、
自分ではこんなつまらないことと感じても、その中にある小さな成功例から何かが見えてくることもあ
るからやってほしいんです」
Aさん:「・・・」
この後全員が黙々と、ワークシート作成に励んでくれました。

「自己分析をして、自分のウリを見つけましょう」とよく言われますが、簡単なことではありません。

人は不快な記憶にはふたをしようとする場合があります。
前向きに生きる為にはその必要もあるかもしれませんが、前述したように「すべてひっくるめた自分」
「過去・現在・未来」どの部分も自分であること、これを受け入れ、認めることは、就活はもちろん人生のいろいろな場面で必要です。

少し客観的な目で自分を見つめることで、今まで気づかなかった勝手な思い込みや、人の思いやりに気づくことができるかもしれません。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

既卒就活


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝美千代です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? リフレッシュできましたか?
あっという間に過ぎたようですね。

今日は「既卒就活」についてです。
新聞にも出ていましたが、就活で内定を受けることができないまま卒業してしまった方、いわゆる新卒ではなく「既卒者」が昨年より増加しているようです。国もハローワークなどで既卒者の就労支援に本腰を入れているようですし、企業側にも協力を促しているようです・・・

ご存じのように、企業に自分自身を売り込むということは自分を他の人と「差別化」することです。
「自分を雇わないと損をしますよ」くらいのガッツが必要です。

では「新卒」と違うものは何でしょうか?
「既卒者」として活動した就活の時間が多いことは確かです。
何社受けても内定に結び付かなければ精神的にどんどん追い詰められて、自分自身を責めて、「自信」が無くなります。そしてマイナス思考になっていき、またよい結果を出せなくなる・・・悪循環です。
その悪循環を断ち切るまでの心の葛藤や経験談は、人にはないものかもしれません。

前回、私の所属協会出身者である石井邦博先生の著作本「就活に革命をおこせ! 納得 内定ゼミ」の中から「人生についての考え方」の内容を少し引用させていただきました。
    
☆石井邦博著書 『納得 内定ゼミ®』-カナリア書房

就活を成功させるための条件の一つとして、次のことを意識してみる。
*考え方・仕事・就活との関連
・考え方×熱意×能力=人生・仕事の結果である。

自分の「考え方」「視点」を変えることができれば、何かがみえたり、何かが変わるかもしれません。
壁にぶちあった時にどういう意識をもつか?どういう「考え方」ができるかで、道が分かれます。
つまり、マイナスをプラスに、苦境をチャンスにどうすれば変えられるのか?
それは視点を変えることであったり、人の意見を取り入れてみたりすることかもしれません。

「キャリアカウンセラー」はそのお手伝いをするのです。周りを見回して、信頼できるキャリアカウンセラーに相談することも効果的です。

あなたは一人ではありません。情熱をもって、一緒に傍にいてくれる人がいます。




下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

就活のポイント


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝美千代です。
ゴールデンウィーク間近となりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

今日は「就活のポイント」についてです。
私の所属協会出身者である石井邦博先生の著作本「就活に革命をおこせ! 納得 内定ゼミ」から今日は少し引用させていただきます。

☆協会ホームページ
http://careerbrain.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1064
☆石井邦博著書 『納得 内定ゼミ®』-カナリア書房

就活を成功させるための条件の一つとして、次のことを意識してみる。
*考え方・仕事・就活との関連
・考え方×熱意×能力=人生・仕事の結果である。
つまり自分自身の良き人生を送りたいのであれば、その基本となるものは「考え方」次第であるということです。(詳しく知りたい方は是非、この本を読んでみてください)

自分の人生の作り手は自分自身です。
ということは、自分の「考え方」「視点」を変えることができれば、何かがみえてきたり、何かが変わるかもしれません。
「考え方」を変えるには、まず、「意識」すること、「気づく」こと。
気づいたら、受け入れてみることです。

意地をはる、格好つける、人の評価ばかりする、優越感にひたる、人を見下す、世の中を甘く見る・・・
これらのことは就活する上で邪魔になるだけです。
まず「素直に人の話をよく聴く」「一旦人の話を受け入れる」「情報を取捨選択する」

変えることができるのは「自分自身だけ」です。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

新入社員


皆さん、こんにちは! 
プロフェッショナル・キャリアカウンセラーの「下枝美千代」です。

先日の「春の嵐」が過ぎて、やっと桜が見ごろになってきました。
4月に入り「新入生」「新入社員」の初々しい姿を見かけますが、希望にあふれていて思わず「おめでとう!」といいたくなります。
就活中のみなさん全員に「春」の足音が近づいてくるといいですね。

さて、新社会人としてスタートされた皆さん、おめでとうございます。
これからが「わが人生」のスタートです。

これまでは家庭・学校で、廻りの方にある意味守られていたのですが、今は初対面の人ばかりの
世界で、自分を自分で守りながら戦っていかなければなりません。
緊張感や戸惑いの日々で、自分のペースが出来上がるまでは、少しきついかもしれませんね。
そんな時は、自分なりのリフレッシュ法をしましょう。
自分の体力・気力管理も自分でしかできませんよね。しかも気力と体力はとても密接な関係です。

昔から「石の上にも3年」といいますが、お説教ではなく、これには意味があります。
職場でのことにたとえると、
*1年目 … 自分の仕事を覚える。
*2年目 … 社内のことがだいたい分かってきて、自分の立ち位置を確立できる。
*3年目 … 自分にとっての、この会社の善し悪しがわかってくる。
ですから3年勤めてみなければ、いろいろな意味で、善し悪しの判断はできないのですね。

せっかくつかんだ自分の「人生のスタート」地点です。
辛いこと、苦しいことも待っていますが、誰もが皆そこで立ち止り、もがいて何とか前進しようと
するものです。
誰かに相談するなり、リフレッシュするなり、自分をコントロールする方法を見つけることも大事です。
「人は自分とは違う人」だから、「自分を信じる」「自分を大切にする」ようにしましょう。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2017年 11月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ