プロが教える親子就活成功のコツ

応募先の決定方法


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
インフルエンザ、風邪が蔓延していますが、みなさんお元気ですか?
私は年齢がいっているせいか?あるいは勝手に「私は風邪はひかない」と決め込んでいるせいか?
まだ大丈夫のようです。
でも油断大敵、手洗いをまめに、十分な睡眠と栄養(これはとり過ぎかも)で予防します。

先日久しぶりに、専門学校で教えていたある男子学生がメールをくれました。
彼は30歳過ぎて福祉の勉強のために専門学校に再入学したという人です。
大学卒業後一度社会人の経験もある、非常にまじめで温和な性格ですが繊細なところがあり、いろいろなことを気にするタイプでもあります。
メールの内容は今後の就職活動の方向性についての相談でした。

専門学校では独自の就職システムが組まれており、学生たちはプログラム化されたスケジュールに乗っかっていさえいれば、先輩が活躍する組織へ入ることは比較的容易なのです。
私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」は、このような就活を「宛がい扶持の就活」と呼んでいます。
キャリアカウンセラー、コンサルタントの私でも、非常勤講師である以上その領域に立ち入ることはできません。

一般的に学校の推薦があればよい結果になりそうですが、彼のようにこれからの自分の方向性に迷いを持ってしまうとなかなか次の一歩が踏み出せないものです。
しかも時間的に決断を迫られるとしたら・・・なおさらですね。

自分自身の売りとなる能力を知りそれをアピールする「セルフマーケテイング」の知識があっても、就活戦術の知識があっても、自分を売り込む業界や職種が定まらなければよい結果にはつながりません。

学内のルートを使うことはもちろん手堅い方法です。
しかし公募枠を利用するかしないか、これを決めるのも自分自身のはずです。
なぜなら社会人としての「第一歩」であり、自分自身の人生を歩み始める大切な一歩だからです。

就職戦線で勝利を手にするためには、公募枠、縁故枠、OB/OG訪問、DM作戦など、同時に多面的に集中して活動することが重要です。

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

就活はいつから始める?


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
インフルエンザとノロウィルスが猛威をふるっていますね~!
手洗い、うがい、十分な睡眠と食事を意識しましょう!
体調不良で、せっかくのチャンスを逃すのは悔しいですから・・・

街中でリクルートスーツを着た「就活生」を多く見かけます。
そのほとんどは3年生かなと想像しますが、実は、その中に卒業間近の4年生もいるはずなのです。

昨年夏まで大好きな音楽活動に没頭していた、ある男子学生の話。
親友が内定を得たと聞いてびっくり、急に焦り始めました。
説明会場に出入りし、数十社に応募して面接までこぎつけた会社は2社、彼はいまだ不採用です。

3年生から公務員をめざしていたある女子学生。猛勉強して地方公務員試験を受け続けたが不採用。秋ごろから民間企業に内定をもらった周囲を見ると、これから自分はどう動けばいいのか・・・

このような状態の、4年生で内定を受けていない学生は少なくありません。
厚労省は民間企業側に「大学卒業後3年以内は新卒扱いにすること」という通達をだし、企業に採用努力を促してはいますが、実態はどうでしょうか?
いわゆる「既卒者」になってしまうと、その人の実力にもよりますが、不利になる傾向が強いです。

「就活解禁」の言葉ができたのは「企業」からの学生へのアプローチ時期を懸念したからです。
これは就活をする学生向けの警鐘ではありません。

「準備」と「活動」は違いますね!
「準備」を進めてから「活動」しなければ、勝利はつかめません。
「準備」はいつから始めてもよいのです。

時間は万人に公平に与えられますが、どう使うかを考え計画するのは、人それぞれ違うはずです。



下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

新年にあたって


皆さん、新年明けましておめでとうございます。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
お正月はいかがお過ごしでしたか?
2013年が皆さんにとって良い年になりますようにと、初詣に行かれた方も多いことでしょう。
おみくじはどうでしたか?

2013年の年頭にあたり、夢や希望を、ご家族で伝えあうひとときをもたれた方はいらっしゃいますか?
口に出すということは「自己宣言」ということですから、あなたの言葉を聴いた人は、全員がある意味
証人となり、あなたの今後を見守っていてくれるということです。
見守ってくれる人はあなたを応援してくれているはずですし、あなたも「自己宣言」したということは、少しずつでも結果を出せるように努力することが求められるということです。
また、就活中の皆さんにとっては、ご家族の協力が不可欠です。

昔は「コネ」を使うことを忌み嫌う風潮にありましたが、第一次就職氷河期以降は「コネ」ではなく「人脈活用」が不可欠になっています。
キャリアカウンセラー・コンサルタントの私はあちらこちらでお話しするのですが、意外にご家族の方はこのことに気づかないのが現状です。
昨年末の総選挙で、新政権が発足しました。
世の中にお金が少しでも回り始めて、企業利益が増え、株価が上がり、雇用も増え、景気が良くなり、給料が増え、個人所得が増えて生活が潤っていく。
このプラスのスパイラルで、日本経済が少しでも上向きにいくように国民全員が強く望んでいます。
プラスに世の中が動いていくように、新政権を担う政治家の皆さんには是非「国民の為の政治」を実践していただきたいですね。

このメルマガの投稿者である私も、成功への近道、少しでもお役に立てる情報をここに記していきます。
自己宣言通り、就活中の皆さん全員が近い将来、良い結果を手にすることができるように心からお祈りいたしております。
頑張りましょう!


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

就職活動計画


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
今年は寒さが厳しいようですが、インフルエンザもこれから広がってくるかもしれません。
手洗い・うがいの励行やマスクをして、予防をしましょう。

キャリアカウンセラー・コンサルタントとして常々感じることなのですが、街中で就活学生のスーツ姿をみると「あなたは計画を立てて動いていますか?」と、つい声をかけたくなります。

大学受験に向けて必死で頑張っていた頃を思い出してみてください。
塾に通っていた頃、塾の先生に言われていませんでしたか?
「計画して、準備しろ」「自分の弱点を見つけ、弱点を攻略しよう」「あと何日か計算して計画をたてよう」
目標達成のために、いろいろ壁に張り紙をしていませんでしたか?

私がお勧めしているものに「ウィークリーレポート」「アプローチリスト」「面接準備シート」があります。

<ウィークリーレポート>
週間計画表、毎週土曜日に次週の計画をする。企業訪問・紹介者面談・説明会などの行動、情報収集、などの計画を細かく記したもの。活動のムダ、ムリ、モレを防止できる。

<アプローチリスト>
企業別に企業理念なども含めたリストを作成。行動の目安。

<面接準備シート>
面接の日程調整や企業別の対策のため。

就活中の皆さんに次の言葉を送ります。
「勝つのは一番力がある者ではなく、一番準備したものが勝つのである」


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

素直な自分


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
冬本番、体調管理は大丈夫ですか?
手洗い・うがいやマスクをして、風邪予防をしましょう。

先日嬉しいことがありました。

Bさん「先生、今日は嬉しい報告です。」

私「あら、どうしましたか?」

Bさん「先日お話した部下のことです。」

私「ああ、職場の。確か若い女性でしたね。Bさんも少し悩んでいらした・・・」

Bさん「そうです。彼女ですが、この頃少し変わってきたんです」

私「あら、そうですか。どんなふうに変わってきたんですか?」

Bさん「何というか、彼女が会社のお荷物的な存在であることは前にお話ししたと思いますが。」
「実は、これまで彼女に対して批判的だった周りの人から『あの子、少し変わってきたね』と、声をかけられるようになったんです」

私「えっ、それは嬉しいことですよね!それで、何か特別なことがあったんですか?」

Bさん「先日、『少しは自分の頭でかんがえてみろよ!』とちょっと厳しく意見をしたことがあって・・・それから少し表情が変わり始めて。僕に対して真剣に向かい合うようになった気がします。」
「これまで批判してきた周りの上司は、本当は彼女に対して真摯に対応してくれてなかったのではと思うようになりました。」
   
私「なるほど、Bさんの真剣さが彼女の心に通じたということでしょうか。」

Bさん「僕自身は普通だと思っていたんですが、彼女には僕の真剣さが新鮮だったのかもしれません。もともと彼女は素直な性格なんでしょうね」

私「そうですね、素直さは変化の必須条件ですものね。彼女もこれから進化してくれるといいですね。」
「それにしても、Bさんは我慢強く指導されてきたんですね。それが彼女に通じたということでしょう」

Bさん「いやあ、そんな立派なことはしてないです。ただ、周りが僕のことをそういう風に観ていたとは知りませんでしたから、意外でした」

私「そうですか、人は自分のことは棚に上げても、他人のことは良く観察しているものですよ」
「でもBさんの上司としての株は確実に上がりましたね!」

就職前線は以前厳しいです。どういう自分を、どういう場面で、どういう風に表現するのか。
目標にする企業を見間違えると良い結果にはつながりませんし、方法を間違えるとまた大変です。
そこで、これから就職指導を受ける皆さんに提案です。

自分を良い方に変えたいと思うなら、相手からのアドバイスにたいして一旦は、素直に受け入れる。
そして自分ならどうするか考えて答えを出す。
この繰り返しが自分を変える秘訣です。

「自分のスタイルはこうだから、こういう性格だから」はある意味言い訳にしか聞こえない場合があります。
「自分を変えるのは、自分だけ」です。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2017年 11月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ