プロが教える親子就活成功のコツ

転職を考える時


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
体調は万全ですか?

先日、美容院へ行った時の話です。
スタッフの人数も結構多く、この美容業界特有の縦社会はある意味職人質と同様です。
今日のシャンプーをしてくれた男性は、まだ1年目ということ。
(やってもらえばすぐにこちらもわかります)

美容業界は技術も大切ですが、それだけではやっていけないですね。
サービス業であるわけです。
そこで顧客といろいろな話をしますが、私は自然に「聴き役」となってしまうのです。
そこでの話・・・

彼は夢があるらしく「技術を学んだら、やっぱり青山か表参道あたりに進出したいんですよね」と。「でも1年目は掃除からゴミ捨てやら何から何までやりますから大変なんですよね・・・」「まぁなんでも新人は大変ですけど・・・」
私は相槌を打ちながら、心の中で「3年もつかな~・・・」と内心心配になりました。

「石の上にも3年」とあるように「仕事の内容を覚え、自分で考えて動き、ある程度の結果を出して、一つの社会経験とする」には、それだけの時間が必要だということですね。
それは正社員でなくても、アルバイトでも同様です。
(その違いは労働形態の違いであって、仕事の内容と成果は変わりがありません)
がんばってほしいな~と心の中で思いました。

最近、就職はしたもののすぐにやめてしまうケースが多くなっています。

会社での人間関係で悩んだり、自分の想像していた環境ではなかったりというケースが圧倒的に多いです。
心の悩みで就職や転職がうまくいかないという方も増えてきています。

生きていく上ではどうしても稼ぐ、つまり仕事をしなければ生きていけません。
では稼げればその仕事は良い仕事か、というとそうではありません。
稼ぎも大切ですが、会社環境、社風、人間関係などいろいろと出てきます。
特に若い人達が、数か月半年という短い期間に、心がずたずたになって退職に追い込まれるケースが多いようです。

「今の若者は忍耐力がない」では片づけられません。
人の心の問題は、周りが決めるものではないからです。その人の心がそうなるのであって、いい悪いの問題ではありません。

心が折れるのも、そうしたくてなっているわけではなく、傷ついて悩んで、這い上がろうとしてもできなくて、そういう状態にまで追い込まれているわけです。

ではどうすればその人は心が軽くなるのか?

やはりまず、誰かに「聴いてもらう」ことをお勧めします。
心に澱のようにたまっている「いろいろな感情」をどこかで吐き出さなければ、またどんどんたまっていくばかりです。
たまっていけば、感情がさらに絡まって、ますますその絡まった糸が太くなっていくばかり。余計ほどけなくなってしまいます・・・

信頼できる誰かに、聴いてもらいましょう。
こういうときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」がお役に立ちます。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

介護現場


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
体調は万全ですか?

今日は介護業界のお話をしたいと思います。

皆さんの中にも内定をもらった方もいらっしゃるでしょう。
現場の話も参考にしていただきたいのです。

介護現場もいろいろな業界の進出で、これから施設の質が問われていくでしょう。

介護施設といっても企業と同様、基本は「顧客満足」であり、施設も人相手の仕事である以上欠かせないのが、コミュニケーションです。

特に介護をされる側の方々は、普通にコミュニケーションをとることが難しい状況ですので、言語によるものよりももっと非言語コミュニケーションスキルが必要とされます。(表情、視線、態度など言葉以外の部分)

これは個性によって大きく左右されますが、介護する側の本人が気づいていなくても、される側の相手は敏感に感じるものです。

たとえば「認知症患者は何もわからないから」と思っていたら大間違いです。

そういう方こそ、不思議なことに、感覚の部分は特に敏感なのです。

皆さんは自分がどのような人に映っているのか、考えたことがありますか?

だからといって「いい人」である必要はありませんが、少なくとも「信頼できる人」ということはきっちり伝えたいですし、そういう印象を与えたいですね。

介護のお仕事は本当に大変な仕事です。一瞬たりとも気が抜けません。

なぜなら「人の命」に係わる仕事だからです。

高齢者の方は急変する場合が多く、具合が悪くてもうまく伝えられない方も多いから、常に介護者が観察する必要があります。

それにしては待遇面などまだまだ課題の多い現場です。

これからどんどん高齢者の数が増えていく日本社会です。

人はいつ介護される側となって、お世話になるかわかりません。決して他人ごとではないのです。

高齢者が安心して余生を過ごせる環境が早く定着することが大きな社会問題ですが、その環境の中で、介護する側の職員の皆さんには、その社会貢献度の意識を高くもち、相手に「ありがとう」といわれる喜びと感動を糧に、頑張っていただきたいと切に願います。

「就活準備は」早ければ早いほどよいのです」「就活は大学合格時、さらには大学選びをする段階から始まっているのです」

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

面接=対面すること


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
体調は万全ですか?

コミュニケーションの重要性については、皆さん理解されていると思いますが、相手に自分の思いを伝える方法にもそれぞれ個性があります。

現代はネット社会。

そのせいかどうかわかりませんが、最近は視覚で訴える方法が多いようです。
しかし、文字・画像・映像などは、訴える方の感覚ではなく、受け取る方の感覚で好きなように受け取れます。

それを良しとする人も多いようですが、受け取る方の「うけ」を気にするあまり、画面を合成したりしてさも真実のごとく作り上げるものも多いようです。

自分の考えや思いを伝える方法で、一番確実に伝わる方法はやはり「対面」です。

対面とは相手と顔を合わせて言葉を交わし、それにプラスして、お互いの表情や目つきをお互いに感じ取ってこそ、その思いが伝わるということです。

よく言われる「言語的コミュニケーション」と「非言語的コミュニケーション」ですね。

「面接」が必要とされる理由も、ここにあるのです。

「履歴書」では言葉が躍っていますが「言葉の裏にある本心を知りたい、まだ綴られていない能力を見つめたい、あるいは履歴書の内容が本物かどうか見極めたい」という、企業側の思いがあるからです。

ここにももちろん思い込みや決めつけがないわけではありませんが、少なくとも文字や画像よりは、確実に思いは伝わります。

だからこそですが、その怖さも存在します。

自分の表情は鏡で見なければ確認することができません。

「相手に今、自分の表情がどういう印象を与えているのか」これを意識しなければ、大きな誤解のものになります。

自分が今どのような表情で話しているのか、考えたことはありますか?

特に緊張しているときは・・・能面のような表情になっているかもしれません。

それはそれ、仕方ないですよね、人間ですから。

ただし、自分を売り込む場面では、自分がどのような目つきや表情をしているのか、少しは気にする必要がありそうです。

日常生活の付き合いの中で、相手のちょっとした目つきや表情が、記憶からなかなか抜けない場合もあります。これはお互いに言えることです。

話し方や表情の癖など、「その目つき、表情はやめたほうがいいよ」と言ってくれる人には、感謝感謝ですね。

「就活準備は」早ければ早いほどよいのです」「就活は大学合格時、さらには大学選びをする段階から始まっているのです」

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

面接時の最後のチャンス


皆さん、お元気ですか? キャリアカウンセラーの下枝美千代です。
周りで内定をもらって喜んでいる人を見ると・・・つらいですね。
でも諦めたらおしまい!
それに、自分の社会人としてのスタートですから、簡単には諦めきれませんよね。
さて、今日は面接の最後に、会社側からよく聞かれる「最後に何か質問はありますか?」についてです。
「面接ももうすぐ終わる・・・」と一瞬緊張感が途切れるとき、魔の一瞬です。
「特にありません」と言いたくなるのが人情です。
しかし敢えて言わせていただくと、それではもったいない!!!
ここで何を言えばいいのか?
よく言われることが、今後の会社の事業計画など積極的に企業発展に関心を持っていることをアピールすること。
しかしながら何も思い浮かべられなかったらどうすればよいか?
お勧めはさらなる自己アピールをしてみることです。
「質問ではないのですが、よろしいでしょうか?」と前置きをしてから、「先ほど伝え忘れたことがありますので補足させていただきたいのです」と自己アピールにつなげます。
「そんな図々しいんじゃないか?」「しつこいと思われるんじゃない?」という方もいるかもしれませんが、もともと面接は自己アピールをする場面であり、遠慮するところではないのです。
言い忘れたこと、アピールし忘れたことはないか、補足することはないか。
「最後まで諦めない人物であること」「粘り強い人物であること」これをアピールできる最後の時が、企業側からの質問の時です。
最後の最後まで、力を出し切りましょう!

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

緩み


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
GWも終わり平常の生活サイクルに戻って半月が経ちますが、皆さんお元気ですか?

世間でよく言われることですが、GWが終わってから心身の状態が良くない人が増えるようです。
いわゆる「5月病」ですね。

学校や職場で新しい環境になれるように頑張っているときにGWの休みが入ることで、気持ちが途切れるということでしょうか・・・

確かに人は、新しい環境に身を置くときは、まず人間関係を良くしようと頑張ります。
仕事や学校などでもよい結果を出さなければと焦りますから、その両方ということで余計疲れてしまうのでしょう。
特にまじめな人であればあるほど、その傾向が強く出ます。

皆さんは疲れたときはどうやってその疲れを解消していますか?

人によっていろいろな方法がありますね。
お風呂に入る、本を読む、音楽を聴く、誰かとおしゃべりをする、お酒を飲む、ペットと戯れる、家族で団欒のひと時を過ごす、大好きなものを食べる、ただボーッとする・・・・etc

就活中の方にとっては「そんなこと考えてる暇はないよ」と叱られそうですが・・・

人の気持ちはそう強い時ばかりではありません。
張りつめた糸はいつか切れてしまいますが、少しだけ緩みがあれば切れずに済みます。
時々張りつめた気持ちを緩めてあげましょう。

緩めた時に何かしら気づいたり、見えてくることも多いのです。
誰かに相談したり、人の意見に耳を傾けることも必要です。
どん底のような気持ちの中に、一筋の光が見えてくることもあるかもしれません。

自分の心に時々は優しい時間をあげましょう。

私達「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」が、よく用いる言葉をご紹介します。

★就活は、一番力のある者ではなく一番準備した者が勝つ!
大学生の就活は縁故人脈活用やDM作戦であれば、1年次から始めることができるのです!
4年間学業に一意専心しながら、その学業の成果を世に訴え続けることのできる術があるのです。
訴え続けることがすなわち就活にもなるのです。
一般に就活は学業の妨げになるといわれています。就活開始の時期を遅くすべしという説もあります。
1年次から修得している学業の成果を世に訴えることが、同時に就活になるという術さえ修得できれば、
就活開始時期に大学生全員が「よーいドン」で一斉に走り出す前に勝敗は決しているのです。
このやり方であれば、学業と就活は立派に両立できるのです。
この術が修得できれば、「金持ちになること」「出世すること」、この二つの夢を叶える舞台を
四年間に渡り、じっくり探索できるではありませんか! さあ、始めようではありませんか。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

カレンダー

<< 2017年 9月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ