プロが教える親子就活成功のコツ

新卒と既卒の認識・・・その2


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
今年は桜の開花が早めで、もう散り始めているところもありますね。
新しい環境のスタートの時期でもありますが、みなさんお元気ですか?

今日は、前回につづき、「新卒」と「既卒」の境目についてです。

学生「今頃になってですが、これまで自分が目指していた方向に迷いが出ています」
私「そうなの?どういう風に?」
学生「実は先週ある企業の説明会に行ってきて、これまで自分の中にあった迷いについて思い切って質問してみたんです」
私「そうなんだ。で、どんなこと聞いたの?」
学生「先生にもこれまで話してなかったことなんだけど・・・」

以前担当していた学校の学生で、今就職活動を始めた彼が久しぶりに電話で話し始めました。
彼の話の内容は詳しく記せませんが、学生にもいろいろな過去があって人には隠しておきたいこともあります。キャリアセンターや担任の先生にも話したくないことがあったり、あるいは話しても受け止めてもらえないだろうと悩む人もいるはずです。
そんな時、思い出してくれたのが私であったということで、正直に心の内を話してくれました。

いろいろな事情で「ブランク」がある学生の場合「新卒か既卒か、どちらの扱いになるのかが心配だ」という学生も多いと思います。前回も書きましたがその区分けは各企業によってまちまちであるということは言えます。
一般的にはブランクのない順調に学生生活を送ってきて、きちんと卒業予定である学生を好むでしょう。
ブランクのある学生はそういう通説で判断するからこそ、悩んだり落ち込んだり、自信をなくすのです。
どうすればよいか?

現実は厳しいです。狭き門の先の、さらに狭き門をくぐりぬけることは容易なことではありません。
しかし、様々な事情でブランクがあっても「新卒者であれば、新卒として合格することを大前提に」目指すこと、これをおすすめします。

なぜなら、就活中の学生にもいろいろな背景があって、経験もそれぞれ違うからです。
採用者がそれを考慮してくれるかどうか、その点は採用する側の判断次第。
たとえば、一旦社会人になってもやめて学生に戻る人もいますね。
そこにブランクがあっても、その当時の状況を自身で受け止め、そうなった理由状況を堂々とひるむことなく、自身の言葉で伝えられるかどうかが重要です。
もちろん面接でもその所を突っ込まれます。その時に上記のことができるかどうか。

まずどういう業種を選ぶのか、どういう企業を射程に入れるか、その企業に合うどういう力を売りにするのか、志望動機の内容はその企業にあったものかどうか・・・これは当然準備します。
さらに「ブランクがありますね」「何をしていましたか?」この質問に対しての答えをどうするか?

ブランクの状況が気になっていれば「どうか質問されませんように」「ブランクがあることは隠したほうがいいんじゃないか・・・」とマイナス思考の人は要注意!!

履歴書にうそを書くことはできませんし、面接の答えと履歴書の記載事項は整合性が求められます。
企業は、プラス思考の人しか採用しません。
自分を売り込む場面では、前向きに自信を持って売り込みましょう。
その為には誰かに正直に自身の話をして、聴いてもらうことで、正直な自分自身を受け止めることが先決です。それができれば少々のブランクは怖くない、人と違ってもこれまで真摯に生きてきた自分に自信が持てるでしょう。

企業は、プラス思考の人しか採用しません。なぜなら、マイナス思考の人は「文句→愚痴→人の悪口→人のせい→退職」のパターンになりがちだからです。
自分を売り込む場面では、前向きに自信を持って売り込みましょう。

私達「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」が、よく用いる言葉をご紹介します。

★就活は、一番力のある者ではなく一番準備した者が勝つ!
大学生の就活は縁故人脈活用やDM作戦であれば、1年次から始めることができるのです!

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
<<新卒と既卒の認識 | スタート >>

カレンダー

<< 2019年 7月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ